大北土建工業株式会社

沿革

沿革

昭和19年 4月11日 創立
代表取締役社長 齋藤省三
昭和22年 10月14日 代表者変更 栗田尚吉 代表取締役社長に就任
昭和31年 4月25日 代表者変更 荒木弘行 代表取締役社長に就任
昭和32年 4月20日 上川管内で第1号の建設機械(小松D50型ブルドーザー)を導入
昭和47年 11月4日 代表者変更 荒木忠美 代表取締役社長に就任
昭和48年 1月10日 札幌支店を設置
昭和51年 3月 当社協力会『大友会』を発足
昭和52年 3月19日 舗装工事部門分離独立 山伏道路株式会社設立
4月12日 建設機械部門分離独立 大黄機械建設株式会社設立
昭和54年 12月1日 旭川出張所開設
昭和55年 10月9日 代表者変更 阿部武夫 代表取締役社長に就任
昭和56年 6月26日 増資資本金 五千万円(二千万円増)
昭和58年 11月 富良野統括事業所事務所新築落成
平成1年 9月12日 子会社設立 株式会社大北不動産(資本金:五千万円 目的:不動産管理・損保代理店)
平成1年 11月1日 子会社設立 株式会社タイホクプランニング(資本金:一千万 目的:測量・設計コンサル)
平成3年 7月 中富良野統括事業所事務所新築落成
8月5日 大北ビル(大北不動産所有)完成
8月8日 本社移転 富良野市本町8番1号
平成4年 5月30日 代表者変更 荒木 毅 代表取締役社長に就任
平成5年 5月 占冠事業所用地取得並びに事務所・宿舎新築落成
平成6年 4月 50周年式典・記念旅行を実施
平成7年 7月 建設雇用改善活動が評価され労働大臣表彰
平成11年 ISO9000を取得
平成26年 4月 70周年記念式典・記念旅行を実施