大北土建工業株式会社

土木施工管理技士の仕事

土木施工管理技士とは

施工管理とは、工事を計画通りに施工するための管理業務を行う仕事です。
土木施工管理技士とは、施工管理によって工事を円滑に進め完成に導く、
現場の技術責任者です。
工事現場では機械も人も責任者の指示で動きます。
現場での指揮の他では、計画の作成、材料発注や書類整理などのデスクワークが中心です。
具体的には次のような管理業務を行います。
  • 工程管理~計画通りの順序・日程で進んでいるか
  • 品質管理~設計書通りに作られているか
  • 安全管理~ケガ・事故の無いよう作業ルールが守られているか
  • 原価管理~材料費・人件費など…予算内におさまるように

工程管理

工事の計画を立て、計画通りに進むよう管理することです。
工事は屋外で行われることが多いため、天候によっては工事が出来ない日もあります。
その様な様々な要因に合わせて工事の進み具合を管理し、作業時間の短縮を図ります。

品質管理

工事には事前に定められた品質があります。
具体的には形状・寸法・強度・材質・外観などです。
それらの品質を把握するための試験を行い、
試験の結果や写真を記録することが品質管理です。

安全管理

事故を未然に防止する事も管理の一つです。 工事には危険なイメージがあるかもしれませんが、だからこそ安全を重視しています。
例えば危険なポイントを周知したり、点検や安全教育を行います。
また重機には近づかない囲いを付けたりして危険を減らしていきます。

原価管理

工事では予算が決まっています。
工事が始まった後、かかっている費用が予算通りであるかを管理します。
具体的には材料費や人件費などの項目別に管理し、どれだけの費用がかかっているのか、
今後どれだけの費用がかかるのかを毎月計算して、利益が確保できるようにします。